egachanのブログ

独学でプログラミングを覚える奮闘記

なぜ、新聞やニュース番組がきちんと報道しないかわかりますか? 『政府広報予算』があるからです。 民主党政権時代には42億円だった予算が、安倍政権では倍の84億。 新聞は販売部数を減らし、テレビは広告収入が減り、そこで政府が助け舟。 これでは擁護するのは当然です。 そしてこれも税金です。 17:05 - 2018年12月4日

 

www.asahi.com

note.mu

 

www.asahi.com

nikkan-spa.jp

 

資本家による搾取の構造を分析し、神格化までされた思想家カール・マルクスも、共産主義の退潮以降、その知名度は右肩下がりだ。

思想家カール・マルクス

 

f:id:piaworld:20181205044916j:plain

 

先にご逝去された三笠宮さまのお言葉 

『偽りを述べる者が愛国者とたたえられ、真実を語る者が売国奴と罵られた世の中を、私は経験してきた』「日本のあけぼの -建国と紀元をめぐって-」冒頭より

f:id:piaworld:20181205045107j:plain

 

日本国民の皆様、 たった今この国は完全に売られました。売国奴自民と公明は地獄に落ちるでしょう。 おめでとう、自公支持者の皆様。よくぞこんな売国奴どもを国会に送り込んでくれましたね。 水道法改正案、参院厚労委で可決 今国会成立へ さんから

t.co

 

f:id:piaworld:20181205051302j:plain

あの戦争で一番日本人を殺したのは、アメリカ人でも中国人でももちろん韓国人でもなく、まぎれもなく日本人。

 

統計上で第二次世界大戦戦没者数が一番多いのは確かソ連。次に中国じゃなかったかしら…

 

「日本の若者は、世の中への不満を障害者、老人、いじめ、煽り運転、子供の虐待など、弱者に向けるが、パリの若者達は、少なくとも、きちんと政府に向けている。」 (宮重ゆうこ様より拝借)

 

 

 

民対民の訴訟なんだから、日本政府が色々強がってみたところで、こうなる。そして、それに対して韓国の日本資産を報復的に差し押さえる制度は存在しない。河野外務大臣は国内向けに強がってるだけ。 / “元徴用工訴訟、資産差し押さえも 期限…”

 

t.co

 

t.co

 

f:id:piaworld:20181205052549j:plain

 

f:id:piaworld:20181205052603j:plain

f:id:piaworld:20181205052617j:plain

 

 

安倍のやることって、今国会だけでも水道、漁業、移民、消費増税など国民には最悪の事ばかりだ。 しかも強行採決。 一方、米国から高い兵器を買わされ、辺野古は工事強行、北方領土プーチンの言いなり、拉致問題は解決出来ない。 それに憲法変える気だし。 昔のフランスならギロチンもんだよな💢

 

規制改革委員会がやりたい放題なんだよな。 国会なんか関係ない。 B層が嘘つき与党を選択した結果、日本は亡国ですよ。 日本人ってこれだけ、バカばっかりだとは思わんかったわ。 未来の子供たちに申し訳ない。 そして、命がけで日本を守った英霊たちの死が無駄になった。 少しでも行動していこうよ

 

 

 堤未果「日本が売られる」 右翼の一水会まで推薦! 本当の保守、愛国者なら当然のことだよね。

 

t.co

 

f:id:piaworld:20181205053604j:plain

 

 

 

だいたい、日本人の側だって彼らと共生したいなんて本当に思っているのか。リベラルを自認している人でも、浜松や大泉みたいになってもかまわないと本気で思っているのはゼロに近いんじゃないか。まさに「うちの裏庭じゃなきゃOK 」。

 

「外国人が我々と共生したいと思っている」なんてのは我々が勝手に妄想しているだけで、実際は移民は固まってコミュニティを作る場合が多い。フランスは上手く分散させようとして欧州内のカトリック移民は共生出来たけど、旧植民地からの移民は結局郊外に貧困街(バンリュー)を形成させてしまっている。

 

 

これはNZで起きた日本の技能実習生と似た低賃金労働ケースだけど記事にあるようにNZでは雇用主が10万ドル以下の罰金か7年以下の懲役になる。 このインド料理屋チェーンは数年後再犯して裁判所に低賃金で不正に挙げた利益だったかを没収され国への負債と共に倒産します。

 

t.co

 

何が言いたいのかというと外国に労働力を求めると、必ず不正な低賃金で労働させようとする雇用主が現れるので、どの国も法の改正を含めて全力で不正雇用主と戦っている。 日本は法も含めて際立って雇用側に甘いので、将来、賠償訴訟も含む難局に立ち至るのが見えているとおもう