egachanのブログ

独学でプログラミングを覚える奮闘記

在学中から安倍を知ってる加藤節成蹊大学名誉教授 「安倍君は必修科目の政治学の授業に一度も出席していなかったので、卒業できないと思っていた。ところが、安倍君は留年もしないで卒業したんですよ。裏口入学あるのは知ってましたが、裏口卒業というのがあるのを知って驚きました」

日本の総理大臣は海外に遊びに行ってますが、韓国の大統領はローマ法王に会いに行き、北朝鮮金正恩が示した法王を平壌に招待する意向を伝えました。ローマ法王朝鮮半島で平和プロセスを推進中の韓国政府の努力を強く支持する、止まらずに前に進め、恐れるなと話しました。

 

 

 

 10/17報道1930 野党は批判ばかり? 街の若者 自民党などが決めたことに「いやそれはさ〜」みたいな文句が多そう。文句つけてる人たちを応援しようとはならない。 高安健将教授 批判をしてしちゃいけないっていうのはボクサーに殴っちゃっいけないという様なもので野党の仕事は厳しい質問をする事。

 

 

 

 現職裁判官が忖度どころか、最高裁をここまで公然と批判したのを初めて見た。 守れ表現の自由! 「最高裁を信じていたが、こんないい加減な事実認定で判断をするとは思わなかった。

 

 

 

 

 口利きを依頼した経営者から100万円を受け取ったとされる片山さつきの元私設秘書(税理士)は、NHKに口利きを頑なに否定しているが、100万円が片山に渡ったか否かについては、何故か「当時の帳簿や通帳などを確認できておらず、回答を保留させてほしい」と言葉を濁す。

 

 t.co

 

 

 グリーンシードHP「青山の街を貧乏人の子供から守る会」 街を守りたいのではなく、地価を守りたい人達。心の底から軽蔑する。

 

 

 「青山のブランドが落ちる」

「一等地なんだぞ‼

「貧困世帯の子供なんて来るな」

「だから児童相談所反対‼

「田町に作れ!(田町差別)」

「青山にはそぐわない」

「青山の夢がなくなる」

「青山の魅力が半減する」

“不幸な子供達を蔑む街 南青山”

 

 

f:id:piaworld:20181019051054j:plain

  日本の企業は内需で国民が大きくした側面があり社会の成り立ちに大きく関わっています。もし大企業が海外に移動するなら社会への還元を拒否した事になり国としても企業を守る事はできません。もちろん税金での補助や助成は出来なくなるでしょう。ただ政府の考え方で国民より企業を大事に扱うか問題です

 

 

 「日本で納税すれば二重課税になる」として、日本の国税当局に異議を唱えました。そして「日米の二国間協議を申請したのです。要は、「アメリカ本国の税法に従って納税しているので、文句があるならアメリカ政府に言え」ということです。それで、実際に日本とアメリカの二国間協議になったのです。その結果、どうなったのか、というと…、日本が全面的に譲歩する形になったのです。。。

 

アマゾンの(ズル)賢い税金戦略とは

アマゾンは、現在、先進国を中心に、世界中でビジネスを行っています。そして、アマゾンはタックス・ヘイブンをうまく活用して大幅な節税を行っていることで知られています。アマゾンは、子会社を税金の安いタックスヘイブンに置き、グループ全体の利益をそこに集中させて、節税をしているのです。クレジットの決済機能をアイルランドのタブリンに置いたり、ヨーロッパでのビジネスの利益はルクセンブルグに集中するようになっています。アイルランドルクセンブルグも、世界的にタックスヘイブンであり、特にルクセンブルグは、アマゾンに対してはさらなる税優遇措置を講じています。もちろん、これは世界中から非難を浴びています。

www.mag2.com

 

  

f:id:piaworld:20181019053110j:plain

 この図、 「上」の「消費税」から「所得税法人税」の「減税分」を「抜いて」きた、と分かった。 が! 再度よ~く見ると、↓コレ、 消費税の「税収」の「ほとんど全部」が 「所得税法人税」の「減税分」に、 使われてるってことでしょう? 私達の「消費税財布」すっからかん?

 

 

 

 

 

 oO(サウジ記者失踪の容疑者、交通事故で死亡って…安倍周辺と同じことが起きてる😱

 

f:id:piaworld:20181019053606j:plain

 

 

f:id:piaworld:20181019054442j:plain

 

 

 

 

 

すげぇ バカだな。 やっぱり。 なんで、こんなのが、 税金で食えてるんだ? ひとりで勝手に税金返上して、ひとりで傭兵部隊に入隊してくればいいじゃない。 何、国民あてにしてんの? このじいさん。 国民のこと甘えてるみたいに言いつつ、国民あてにするなって話。